- 坐骨神経痛について

坐骨神経痛について

坐骨神経の周りには様々な筋肉があり、その間を坐骨神経が通っています。そのため、坐骨神経の通り道にある筋肉が硬くなっていると、坐骨神経が圧迫や牽引を受け、症状が現れます。お尻から足先までの間にしびれや痛みが広範囲にあることが特徴です。

多くの方の症状として、

  • ソファーや椅子に座ると痛みやしびれが強くなる
  • 歩いているとだんだん痛みが強くなり、休むと楽になる
  • 体勢を変える時に痛みが強くなる

など、姿勢や動きによって痛みが変わる方が多いです。
もし、動きを変えなくてもずっと痛みが強く続くということであれば、急性の強い炎症を起こしているか、ヘルニアなどによっていつも神経が圧迫されている可能性があります。

姿勢や動きによって痛みが変わるのは、筋肉が硬くなるような姿勢や動きを取ると神経が刺激されて痛みが強くなり、筋肉がゆるむような姿勢や動きをすると神経への刺激が減り痛みが弱くなるためです。

どんな姿勢や動き、どの筋肉が原因になっているかは人によって違いますので、この原因を特定し治療を進める必要があります。原因を特定せず、ただ薬を飲むだけだったりなど痛みだけ取っても再発する可能性が高いです。

生活の中で生まれた痛みには必ず何かしらの原因があるはずです。一緒に探して改善していきましょう。
また、予防や改善のためにストレッチやトレーニングも効果的ですので取り組みましょう。


アクセス情報

所在地

〒446-0063
愛知県安城市昭和町17番22号A号室

駐車場

3台あり

休診日

木曜午前・土曜午後・日曜・祝日

ご予約について

当院は予約優先制となっております