- 腱鞘炎、ばね指

腱鞘炎、ばね指

腱鞘炎とは、筋肉の腱の周りにある腱鞘という膜が炎症を起こし、痛みを出すものです。主には手や指を繰り返し使うことによって起こりやすい症状なので、普段手や指をよく使う方や、筆圧の強い方に多いと言われています。最近は現代病としてスマホの使いすぎも原因のひとつと言われています。また、ホルモンバランスが関係するとも言われており、女性に多いのも特徴です。

特に親指を動かす筋肉で起こる腱鞘炎の「ド・ケルバン病」や、指が曲がったまま伸びにくくなり、力を入れるとビョンとばねのように急に伸びたり曲がったりする「ばね指(弾発指)」も腱鞘炎の症状に分類されます。

腱鞘炎の原因

腱鞘炎の原因を「使いすぎ」と説明される方が多いようですが、本当に使いすぎでしょうか?周囲の同じ作業をしている方全員が腱鞘炎でしょうか?おそらくそうではないと思います。
もちろん、本当に使いすぎの場合もあると思います。

ですが多くは痛みの出ている部分だけではなく、腱につながる筋肉が硬くなっていることが多いです。
また、腕だけではなく、胸や肩の筋肉が硬くなっていることもあります。人によって生活環境が違いますから硬くなる場所も違います。なぜ、そこが硬くなるのか?を考えていくことが重要です。

治療

腱鞘炎の治療は原因になっている動作や硬くなっている筋に対してアプローチを行います。
まずは痛みの軽減のために手技治療、特殊電気治療を行います。痛みが強い場合はテーピングや装具固定も行います。

本人も気づかない生活習慣動作が原因になっていることがあるので、治療を進めながら痛みの出にくい使い方をアドバイスしていきます。


アクセス情報

所在地

〒446-0063
愛知県安城市昭和町17番22号A号室

駐車場

3台あり

休診日

木曜午前・土曜午後・日曜・祝日

ご予約について

当院は予約優先制となっております