- ぎっくり腰

ぎっくり腰について ~魔女の一撃~

ぎっくり腰とは

ぎっくり腰の正式名称は「急性腰痛症」です。
欧米では「魔女の一撃」と呼ばれており、そう例えられるほどの激痛は、重度になると思うように動けないだけでなく、その場で立てなくなったり寝返りができなくなったりすることもあります。病態や原因はさまざまです。

原因

  • 腰への急激なストレス
  • 腰に負担のかかる体の使い方、フォームを繰り返している
  • 筋肉の柔軟性の低下
  • 運動不足後の急な使用
  • 下半身の関節可動域の低下
  • 飲み過ぎやストレスなどによる胃腸の機能低下
  • 生理、妊娠、産後

など、またこれらが重なっていることがあります。

ぎっくり腰になってしまったら

ぎっくり腰になったら、早急に医療機関に受診しましょう。ぎっくり腰になってすぐは痛いながらも意外に動けてしまうことがあるので、軽く考えてしまいがちです。しかし、早急に処置をしないと、痛みの元となる炎症物質がどんどん広がってしまい、翌日に動けなくなってしまう可能性があります。痛みのピークは痛めてすぐではないんです。動ける初日のうちに治療を受けることが、痛みを抑える最善策です。

一般的にはケガをしてから2~3日は炎症物質が出続けるといわれています。この炎症物質は冷やすことである程度抑えられるので、ぎっくり腰の初期段階は患部を冷やし、安静にしていても痛むようなことがなくなってきたら冷やすことをやめても良いでしょう。

また、いつまでも冷やし続けていると、今度は修復のための細胞の働きが悪くなってしまうので、安静時の痛みがなくなったら少しずつ暖めていくことが理想的です。

ぎっくり腰の治療

ぎっくり腰は急性炎症なので無理にマッサージを加えたりすると悪化します。緩やかな電気治療やコルセットの着用による安静固定が痛みを抑えるので初期治療では効果的です。安城接骨院でも痛みのない手技治療や特殊電気治療を行い、早期改善を促します。

コルセットの販売やテーピングによる固定も患者様のご希望に合わせて対応致します。
痛みが治まってきたら徐々にストレッチや運動療法を加えていきます。痛みの出にくい起き方、立ち方、座り方、日常生活動作の方法などもお伝えしていきます。


アクセス情報

所在地

〒446-0063
愛知県安城市昭和町17番22号A号室

駐車場

3台あり

休診日

木曜午前・土曜午後・日曜・祝日

ご予約について

当院は予約優先制となっております