- 超音波観察装置(エコー)

超音波観察装置(エコー)

安城接骨院には超音波観察装置(エコー)があり、ケガをした時に骨だけでなく筋肉、腱、靱帯など様々な組織をリアルタイムに見ることが可能です。
レントゲンには映りにくい小さな骨折や肋骨の骨折、早期の疲労骨折も見つかる場合があり、患者様のケガへの早期対応、早期回復のために非常に有用です。

超音波観察のメリット

①リアルタイムで状態を確認できる

関節や筋肉を動かしながら観察できるので、患部が実際動かした時どうなるのか?を確認することができます。
これは静止した状態を映すレントゲンなどではわからないことであり、エコーの大きなメリットです。治療の経過の間、繰り返し使用して状態を観察していくことが出来ます。

②人体に無害で安全

レントゲンやCTと異なり、人体に直接放射線を浴びることがありませんので、小さなお子様や妊娠されている方、ご高齢の方まで安心して繰り返し検査を受けていただくことができます。

③筋肉や腱、靱帯などの軟部組織の観察に優れている

「レントゲンで骨に異常がないから大丈夫」と言われても違和感や痛みがある場合も多いと思います。
レントゲンやCTでは映らない軟部組織の損傷もエコーでは観察が可能です。

④検査する場所を選ばない

現在はエコーは持ち運べるようになってきていますので、電源さえあればエコー観察が可能です。
そのため、安城接骨院内だけでなく、チーム単位での要請があればエコーを持参して観察をさせていただくことも可能です。

治療

例えば触っただけでは骨折かねんざかの細かい判断は難しく、内部の状態が患者様としてもご心配なことと思います。
エコーを用いることによって詳しい判断をすることができ、治療方針も立てやすく、治療経過の確認もしやすいと言えます。

超音波検査を行うためには解剖学の詳しい知識と装置を扱うための技術が必要になります。
院長は5年以上の超音波検査の経験を有し、エコーのインストラクターとして同業者へのセミナー講師経験もありますので、ねんざや肉離れなどのケガの患部がどのような状態なのかを患者様に詳しくわかりやすくお伝えすることができます。
お子様の場合は保護者の方にもしっかりと説明をさせていただきますし、ご依頼があれば指導者に状態を説明できるよう記載も致します。
骨折や脱臼を疑う場合は連携する整形外科で精密検査をお願いしておりますのでご安心ください。
早期対応、早期回復のためにもケガをしたらエコーで状態を確認しましょう。

スポーツを頑張る学生さんには、痛みがなくてもケガを防ぐために定期的なメディカルチェックがお勧めです。
ケガを未然に防いで長く楽しく競技人生を送りましょう。

柔道整復師が行う超音波観察について

柔道整復師はレントゲンやCTを撮ることができません。これは法律で定められているわけですが、では超音波観察はどうなのかと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

平成22年11月に「柔道整復師が、柔道整復の業務の中で、検査自体に人体に対する危険性が無く、かつ柔道整復の施術に関わる判断の参考とするため、超音波検査を行うことは、差支えないと解しています」と厚生労働省医政局医事課指導係より通知がありました。
柔道整復師が超音波観察を行うことは何ら問題無く、国のお墨付きというわけです。

当然ながら、医師のように病気を診断したり産婦人科分野のような検査は行うことが出来ません。


アクセス情報

所在地

〒446-0063
愛知県安城市昭和町17番22号A号室

駐車場

3台あり

休診日

木曜午前・土曜午後・日曜・祝日

ご予約について

当院は予約優先制となっております